「早割」利用の場合にはこんな点に要注意

- 「早割」利用の場合にはこんな点に要注意

清水寺

「早割」利用の場合にはこんな点に要注意

近年、国内で飛行機を利用する際にはLCCを選ぶ人が急増しています。
LCCの最大のメリットは格安運賃で飛行機に乗れることでしょう。
新幹線はおろか、普通の列車やバスよりも安く利用できるケースもあるくらいです。

LCCより早割がおすすめ?

しかし、LCCは座席間隔が狭い、機内食やドリンクは有料、機内エンタメもない、機内預け荷物にお金が掛かるなどなど一般の航空会社と比較してデメリットと感じる点もあります。
そして、一度LCCを利用した人の中にはもうLCCには乗りたくないと思う人も少なくないそうです。
かといって一般の航空会社の飛行機では料金が高いから何とかいい方法はないかと思っている人はたくさんいることでしょう。

そんな場合におすすめなのが、一般の航空会社が提供している格安航空券を手に入れることです。
「一般の航空会社が格安航空券を販売しているの?」と思う人もいるかもしれませんが、搭乗日より早く予約・購入することで通常運賃の半額から路線や時期によっては80パーセント以上の割引を受けられます。
航空会社によって「早割」や「特割」など呼び名は異なりますが、つまりは「早期予約購入割引サービス」なのです。

このサービスを利用して航空券を購入すれば、通常運賃を支払った人も格安価格で購入した人も、同じ飛行機に乗っているなら同じサービスを受けることができるのです。
したがって、LCCで起こりがちなデメリットを感じることはないといえます。

雪にまみれた枝

早割の注意点

ただし、「早割」サービスにはいくつかの注意点があることも知っておきましょう。
そのひとつが、予約の変更ができないという点です。
どうしても変更が必要なら、一旦キャンセルをしたのち別の便を予約し直なおすという手順を踏まなければなりません。
そのうえキャンセル料は非常に割高で、通常運賃の半分程度を請求されます。
したがって、日程や予定の変更の可能性がある場合には利用しづらいですし、突発的な予定変更などもあり得るので早くからはなかなか手配しにくいかもしれません。

その一方で、「早割」に対応する座席数は限られているうえに国内のすべての路線や期間に早割サービスが適用されているわけではないのです。
そのために人気の高い路線や時期にはすぐに売り切れてしまうので、早めの予約が必要となる場合が多いのです。

早く予約しなければ売り切れてしまう、けれども早ければ早いほど予定変更の可能性は高くなりやすいということで、安い点は大きなメリットながらもなかなか使いづらいチケットといえるかもしれませんね。