LCCのメリットとデメリットを知って賢く利用しよう

- LCCのメリットとデメリットを知って賢く利用しよう

清水寺

LCCのメリットとデメリットを知って賢く利用しよう

なるべく安く飛行機に乗りたいと考えたとき、多くの人が真っ先に頭に浮かべるのがLCCを利用することではないでしょうか。
確かに大手航空会社が提供している早期割引といった格安航空券やチケットショップなどで手に入る航空券よりも安価で飛行機が利用できるでしょう。
ただし、LCC利用の際には注意しなければならない点があることも認識しておくほうがいいですよ。

LCCのメリット

遊園地の観覧車

LCCの最大のメリットは運賃が格安という点はもはや異論はないでしょう。
国内の移動なら、新幹線はもちろん一般の列車や中にはバスよりも安いケースも見受けられます。
当初は便数も少なかったのですが、今はLCC自体が増えて非常に便利になりました。

また、LCCのチケットは片道がベースですから、片道で買おうと往復で買おうと一方向のチケットは同じ値段です。
一方、一般の航空会社の航空チケットは往復がベースなので片道だけを購入すると割高になってしまいます。
さらに、LCCは最低滞在日数や最大滞在日数といった制約がないので、片道チケットだけ購入して自分のスケジュールで移動できる点もメリットといえるでしょう。

LCCは機材が新しいことも挙げられます。
LCCが台頭してきたのはこの数年ですから、使用する機材は新しいものがほとんどです。
そのために古い機材に比べて燃費がいい、故障が少ない、最新技術で安心といったメリットがあります。

LCCのデメリット

では、LCCのデメリットはどうでしょうか。
実際にLCCを利用した人がしばしば指摘するのが、座席の狭さです。
LCCは一般の航空会社と同じ機種の飛行機を使っていてもより多くの乗客を乗せ利益を生み出そうと座席数を増やすために座席間隔が狭いのです。
そのため国内の短い移動でさえ窮屈さを感じる人もいます。
また、サービスを徹底的に見直すことで低価格を実現しているLCCは機内食やドリンクにはお金が掛かりますし、映画などのエンターテイメントや毛布の貸し出しなどのサービスも有料がほとんどです。

その他にも、機内預け荷物は有料、座席指定や事前予約は不可もしくはオプションで追加料金が必要といったことも不満点として取り上げられることも多いです。
さらに、遅延や欠航が多いこと、LCC側に責任がある欠航でも自社の空いている便にしか振り替えしてくれないことや宿泊場所の手配及びその支払いは自腹といった点も一般の航空会社では考えられないデメリットです。

LCCを利用する時には料金が安いという点にだけ注目するのではなく、これらのデメリットが存在することも知っておくべきでしょう。
とはいえ現在格安価格で飛行機に乗りたいのであれば、さまざまな方法で格安航空券を手に入れるよりもLCCは最適な手段であるのは間違いないといえます。