安く飛行機に乗るための3つの基本的な考え方

- 安く飛行機に乗るための3つの基本的な考え方

清水寺

安く飛行機に乗るための3つの基本的な考え方

LCCの台頭や格安航空券の出現、また大手航空会社でも早期予約購入割引を提供するなどによって、国内の飛行機移動は以前に比べて安くできるようになりました。
しかしこのように選択肢が増えたことで、特に国内の移動の場合はどの方法で航空チケットを手に入れるのがベストなのかわからないというケースが多くなったといえるかもしれません。

格安チケットはどこで買うのがいいの?

LCCも数多くありますし、利用する時期や路線などによって価格が異なります。
格安航空券は街のチケットショップで手に入れることができますが、お店によって値段や条件が違いますし、すべてのお店で同じ時期、同じ路線のチケットを扱っているとは限りません。
早期予約購入割引も、航空会社によって料金や条件、その他いろいろと異なる部分も少なくないのが実情です。
これらの中から、同じ条件で最も安い金額のチケットを見つけるのは簡単ではないでしょう。
すべてのLCCのサイトをチェックして、チケットショップに電話をして問い合わせて、航空会社のホームページも同様に調べるなんて、手間と時間が掛かり過ぎます。

早く買えば安い

紅葉がきれいです

ただ、航空チケットを安く買う方法としての基本的な考え方は3つにまとめられるかと思います。
まずひとつ目が「とにかく早く買う」ことです。
前述した早期予約購入割引のように、搭乗日よりも早ければ早いほど大幅な割引が受けられるものならなおさらです。

多くの航空会社で搭乗日の2カ月くらい前から予約受付を開始しています。
中には7日前、2日前といったさほど早期予約とはいえない「早割」もありますが、一般的に28日前までに購入すると大幅割引が受けられるようで、その後は徐々に料金はアップしていきます。
また「早割」は座席数が多くないので人気の路線や時期は早く予約しないと売り切れてしまうことも早めの手配が好ましい理由のひとつです。

直前に買えば安い

ふたつ目の方法は、逆に「直前に買う」というものです。
航空会社でさばききれなかったチケットが格安価格で販売していることがあるからです。
特にLCCは空席を作りたくないので、出発直前に激安な料金で販売しているケースも珍しくありません。
ただし、この方法のネックはこういったチケットが売り出されなかった場合です。
その際には割高なチケットを購入しなければならなかったり、最悪の場合には飛行機に乗れない恐れがあることも否定できないので要注意です。

まとめサイトで買えば安い

自分で格安航空券を探すのは面倒という人なら、格安チケットの情報をまとめたサイトもたくさんあるので、それらを参考にするのもいいでしょう。
直接そのサイトに申し込んでチケットを購入するケースとサイトで情報を入手して自分で購入手配を行うものがあるので、どちらか自分の都合のいいほうを利用すればいいでしょう。